初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年09月18日 (火) | 編集 |
2012.9.18


それでは、発達障がいについて。
発達障がいという言葉も、だいぶ耳慣れてきたものの、
家族や身近な人にそういう診断が出てくると、
やっぱり戸惑うものですね。
「障害」という漢字から連想するものも、受け入れがたい気持ちを強くしていると思います。
「障がい」と「害」の字をあえて使わない方たちも多くいらっしゃいますね。

そんなわけで前々から、書こうと思っていたのですが、
書きたいことは山ほどあるし、
いろいろなケースがあって一概にこれ!といえない部分でもあるし、
これから書いていきますが、障害と個性の境目が非常にデリケートな事も有り、
なかなか踏み切れなくていました。

ちょうど今回
9月12日(水)に、山梨県立文学館で
山梨県立こころの発達総合支援センター主催の
平成24年度第3回子どもの心の総合支援研修 
杉山登志郎先生(浜松医科大学児童青年期精神医学講座特認教授 児童精神科医)
の講演会を聞いてきましたので、
その辺りから書き進めていこうかなと思っています。

山梨県立こころの発達総合支援センターのHPを
リンク先に追加しておきましたので、関心ある方は見てくださいね。


山梨県/こころの発達総合支援センター

www.pref.yamanashi.jp/kokoro-hattatsu/index.html


杉山先生の著書はたくさんあって、
数ある発達障害関連の書物の中でも、
とてもわかりやすく具体的で、バランスが取れていて、
また、とても前向きな内容だと感じています。
関心のある方は是非お読みになることをお勧めします。

発達障害の全体を概観して、情報を知りたい方は

発達障害の子どもたち


特に、最新情報や今回の講演の内容が詳しく書かれていたのは

発達障害の今


できるだけ分かりやすく説明してほしいと思われる方は

子どもの発達障害と情緒障害

それでは、講演「子どものこころのいま」より、
いよいよ書いていきますか

続きをお楽しみに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。