初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年04月23日 (月) | 編集 |
2012.4.23

今回は、母乳のトラブルあれこれ・・・

私が二人の子どもを無事に母乳で育てられたのは、ベテランおばあちゃん助産師さんのおかげでした。
出産後、病院にいる間は一滴も出ず、お医者さんは「吸わせていればそのうち出るよ」とのんびり・・・
退院して市の訪問助産師さんに電話するとすぐに来て下さり、ものの15分のマッサージであっという間に出るようになりました。もし、母乳が出ないと思っている人は、桶谷式マッサージのできる助産師さんに連絡をすると良いですよ。

さて、うちの下の子、泣き虫の上の子と違い、良く飲んで良く寝て助かるなあ・・・と思っていたある日、
たしか生後1ヶ月頃だったでしょうか・・・
ある晩、突然おっぱいをのけぞって嫌がり大泣き!!!
具合でも悪いのか、何が起きたのか、全く分かりません。
30分以上ぐずってやっとおっぱいを飲んで寝付きました。

そして次の日・・・
なんと頭、顔、手足にポツンポツン・・・
にきびのようなものから、だんだん黄色い汁が出て皮膚が真っ赤にひび割れ、大変な事になりました。
原因不明で、治るのに1ヶ月近くかかりました。

そして約1ヵ月後、再び同じ事が起きました。
原因発見!!!
なんと、私が夕方お腹がすいてちょっとつまんだチョコレートだったんです。
とっても良く飲んでずんずん大きくなる子だったので、やたらにお腹がすいて甘いものが欲しくなるのですが、
チョコはだめ、ケーキも、菓子パンも・・・と失敗を繰り返し、
分かったのは、甘いものは黒砂糖とドライフルーツまで、という事でした。
その分、ごはんを食べようとするとどんぶり何杯も・・・という恐ろしい事になって大変でした。

考えてみれば、母乳は血液、母が食べたものがそのまま伝わってしまうんですね。
食べる物によって母乳の味も変わるんだそうで、食べ物によっては母乳がまずくなっちゃうんです。
私の場合も、きっと匂いから違ったのでしょうね。
赤ちゃんは、自分の母と他の人のおっぱいの匂いをちゃんと嗅ぎ分ける事が出来るそうですし、
赤ちゃんの能力は侮れません。

お子さんの肌のトラブルで悩んでいるママ、もしかしたらママの食事の問題かもしれませんよ。

アレルギーを心配しましたが、結局うちの場合、食品添加物が原因だったらしく、
3歳くらいまでは無添加・手作りで頑張りました。
その後はだんだん平気になって、今は特に問題はありませんし、あまり添加物が入っているようなものは
本人が欲しがらないので、かえって健康的です?!

ママの授乳中のお食事について、次回もう少し詳しく書きます
お楽しみに





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2012.4.23今回は、母乳のトラブルあれこれ・・・私が二人の子どもを無事に母乳で育てられたのは、ベテランおばあちゃん助産師さんのおかげでした。出産後、病院にい
2012/04/23(Mon) 15:13:41 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。