初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月22日 (水) | 編集 |
2012・8・22

今日は、赤ちゃんにおススメの絵本の紹介です。

まずは、ファーストブックにおススメの本を何冊かご紹介

ここに紹介する本は、生まれてすぐの赤ちゃんからですよ
できるだけ早いうちから見せると良いです
6ヶ月を過ぎて動き出すと、どうしても絵本をなめたりグシャグシャしたり破いたり
それは、発達段階で当然の動きなので、
できればそうなる前から絵本を見せてあげていると、
「本はめくると楽しいもの」という事を覚えます

次に上げる5冊はどれも2ページ完結型。
好きなところから始めて、飽きたら終わりでOK
その代わり、毎日くり返しくり返し見せてあげましょう。
たくさんの本は必要ないので、同じ本でいいです。
お気に入りの本が出来て来て、毎日何回も読んでもらいたがるようになればいいですね。



てんてんてん 
1ページに1つの絵で、はっきりしたラインは、生まれたばかりの赤ちゃんにもよく見えます。
歌うように読んであげてくださいね

いないいないばあ
赤ちゃんの大好きな「いないいないばあ」
ママたちが赤ちゃんの頃からある、超ロングセラー絵本です。
くりかえしくりかえし絵本で赤ちゃんと遊べます

でてこいでてこい
この本は実は私にとって「目からウロコ」だったんです
上の子が生まれた頃、絵本といってもストーリーのあるものしか知らなかった私
この本を買ったものの、どうやって読んだらよいかわからず
つまらないなあという気持ちが子どもにも伝わっていたのでしょうか
子どもたちは見向きもしませんでした
ところが、読み聞かせボランティアの養成講座で、
講師の藤巻愛子先生がみんなで「でてこい で~てこい!」と楽しく歌うように読むと
ほら不思議
赤ちゃんも振り返り、子どもたちの目がキラキラかがやくんです。
たかが絵本、されど絵本、読み方次第でこんなにも違うものなんだ、という事を教えてくれた絵本、
私が、絵本の魅力に取り付かれた一冊となりました

くだもの
なんといっても、写真のようにおいしそう!!
子どもたちといっしょに、パクパクと食べるまねをして遊んでみてくださいね

どうぶつのおかあさん
動物を描かせたら右に出る人はいない、藪内さんの絵です。
子どもたちは、エプロンやぼうしをかぶったうさぎやねこの絵と、現実の動物の姿は一致しません。
ほんものそっくりの絵を見て、実物を見て、絵本と現実の中で、疑似体験と追体験をくり返し、
いろいろなものを覚えていきます。
写真より、絵の回りが白いので気が散らないのも、赤ちゃんにはわかりやすいです

上の本が1冊続けて聞けるようになったら、ちょっとストーリーが続いているものへとステップアップ。
1歳くらいをめどに、おススメのそんな本は次の本ですよ。

がたんごとんがたんごとん
「がた~んごと~ん」とゆれながら、楽しく読みましょう

1歳台になったらまだまだ続くよ
楽しい絵本の紹介  

スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:育児

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。