初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年06月25日 (月) | 編集 |
2012.6.25

土曜日に、12月まで甲州市の教育委員長だった宮崎秀子先生がお亡くなりになりました。
勝沼地区を中心に長く、校長先生としても子どもたちのために身を粉にして働いて下さった方でした。
私達のNPO法人にも、本当に多くのご協力・ご支援を頂いた先生でした。
まだまだ、地域の子どもたちのためにお力を貸して頂きたかった、惜しい方を亡くしました。
残念でなりません
地域のためにご尽力頂いた多くの先輩方の遺志を引き継いでいかなければ…と思うこの頃です。


暗い話からスタートで、ごめんなさい

さて、今日は乳幼児の食事と睡眠について…

まず、食事ですが
この頃の食事の好き嫌いは気分しだい
ムラがあったり、遊び食べをしたりはふつうですが、
離乳期から2歳くらいまでの時期に、
できるだけいろいろな食品を食卓に並べて、
味覚の幅を広げておくと
だんだん食べられるようになって、
偏食はかなり防げます。

プランターなどで、野菜を育てて収穫してみたり、
少しずつ、一緒にお料理を手伝いさせるのも楽しいですよ。
うちの子どもたちは、1歳前から粘土感覚でパン生地をこねてました
娘も息子も1歳から子供用の包丁を持たせました。
息子の方が食べる事に関心があったせいか、
4才くらいの頃には、気がつくと勝手に卵を冷蔵庫から出して、
割って混ぜて,フライパンで焼いて
卵焼きを作ってましたね
3年生から「釣り」と「魚をさばくこと」に興味を持ち始め、
おさかなやさんに通いつめて「お友達」になり、
出刃包丁や柳刃包丁コレクションと共に、
今では魚料理と中華料理のレパートリーがかなり増えました
男の子も、やらせておくとなかなか頼りになります


さて、子どもだって食欲のある時と無い時があるもの
遊び食べをする時は、
思い切ってペコペコになるまでお腹をすかせてみるのも方法です

食の細い子は、クッキー一枚、牛乳1杯でもご飯に響いてしまいます。
おやつもご飯のうちと思って、食事を考えてみてください。
また、甘い飲み物は水分補給にはなりません。
カロリーを摂取してしまうので、ご飯が食べられなくなる事もあります。
イオン飲料を飲ませるのは、脱水症状の時と、
高熱などで他のものが取れない時だけでよいと思います。


次に、睡眠について
赤ちゃんのうちは、寝ている時間と起きている時間はバラバラですが、
だんだん昼間起きて、夜眠るようになってきます。
幼児は、11~12時間くらいはぐっすりと寝かせてあげたいものですね

人間の体内時計は約25時間周期と言われています。
毎朝、太陽の光と朝ごはんで時計を1時間リセットしているので、
遅寝遅起き に ずれるのはかんたんだけど、
早寝早起き にする方が大変というわけです

夜中の10時から2時までは、一番成長ホルモンが出る質の高い睡眠が取れる時間帯
この時間に暗いところでぐっすり寝ていると一番ホルモンが出ます。
つい、遅く帰ってきたパパとお風呂に入ったりご飯を食べたり、ひと遊びしたいかもしれませんが、
大人の都合に合わせるのではなく、子どもは子どもの時間で
大人もこの時間に寝ておくと、美容と老化防止に良いそうですよ

夜早く寝かすには

朝早く起きて、たっぷり日光を浴びて朝ごはんを食べる
日中はしっかり体を動かす
寝る3時間前には夕食が終わっていること
熱いお風呂に入ったら2時間くらい時間を置く
夕方お昼寝をしない
コーヒーなどカフェインの入った飲料はさける
テレビ・ゲーム・パソコンなど強い光や刺激のものを寝る時間ぎりぎりまで見せない
電気の光を徐々に落とす
布団に入って絵本を読んだりおはなしを聞かせる

こうした生活リズムをなるべく毎日くずさない事が大切です。
大人の時間と子どもの時間、
はじめは大変と思うかもしれませんが、
習慣がついてしまえば、子どもが寝てしまってから、
大人の時間がゆっくり取れて楽ですよ

次回は、赤ちゃんに絵本を
お楽しみに











スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。