初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月06日 (日) | 編集 |
2012.5.6

ゴールデンウィークも終わり
昨日は、家族で「たけのこ掘り」に行ってきました
今年は当たり年だったようで、山ほど収穫!!
帰ってきて大忙しでしたが、大量にゆでて、
みんなで「たけのこごはん」を楽しみました。
子どもたちが休みだと楽しいけれど忙しいですね。
我が家も、休みが終わって寂しいような嬉しいような…

さて、赤ちゃんが成長してきて1歳~2歳になる頃、
母が気になり出すのが「ことば」のはやい?おそい?ですね。

同じ月齢の子どもがもうしゃべっているのに
うちの子は「なぜ?」と比較して心配になります
検診などで指摘され、一層不安がつのり、ママがパニックになる事もあります

そこで今日は言葉の発達の遅れの原因について・・・
専門用語はなるべく使わないで説明していきますね。

「ことば」を話せない原因は、大きく分けて2つ。
インプットかアウトプットに理由があります。

アウトプット、つまり言われている事の意味は分かっているけどうまく言葉に出来ない場合、
多少の遅れがあっても徐々に追いついて行く事が多いようです。
心配なら保健士さんなどから紹介してもらって
病院の言語訓練や「言葉の教室」などで様子を見ても良いでしょう。
あまり心配しすぎずに、でも放置もせずにゆったり見守りましょう
家庭で出来る対処方法については、後で書きます

インプット、つまり言葉が入っていかない事が原因の場合、
つまり、周りが話しかけても反応しない、こちらの言っていることを理解していないと思われる場合、
まず疑うのは聴覚の異常を調べます。これは専門家の領域となります。
それから、知的障がい、自閉症、発達障がい、などの疑いが出てきます。
それぞれの原因に合わせた早期の対応によって、
その子のペースできちんと成長していきますので、
家族も周りの人達もあせらずあきらめず、あたたかく励ましていきたいですね

他には、吃音(きつおん…どもってしまうこと)や
場面緘目(ばめんかんもく…家では話すのに保育園・学校など他の場所ではしゃべらないこと)
といった問題が出てくることもあります。
これも、親や周りの理解・助けが早い時期からあると、
問題が小さいうちに解決できるので、やはり心配しすぎず、でも放置しないという対応が大切です

また、最近大きな問題だと言われているのが,
テレビやビデオ漬けが原因の「ことばの遅れ」という問題です
何が問題なのか、対応方法などについては、次回に書きます。

というわけで、次回お楽しみに



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。