初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年04月16日 (火) | 編集 |
2013.4.16

山梨県甲州市を中心に、
子育て支援活動をしているNPO法人すてっぷ・あっぷるのカウンセラーJです。


私たちの運営している「地域子育て支援センターあっぷっぷ」で、
昨日から
「わらべうたと絵本の時間★たんぽぽのおうち」
前期講座(4月~8月)がスタートしました。

対象は、1か月から1歳の赤ちゃんと保護者。

開催日は、毎月2回月曜日の10:45~11:15まで。

参加費は無料です。

内容は、絵本の読み聞かせと、わらべうた、子育てナビです。


第1回の昨日は、8組の3か月から1歳までの月齢の親子があつまりました。

読んだ絵本は、松谷みよ子さんの超ロングセラー「いないいないばあ」

いないいないばあ

赤ちゃん絵本の定番です。

赤ちゃんへの読み聞かせのこつは、
① 声を高く、リズムと抑揚をつけて読む
② 言葉の繰り返しを楽しむ
③ 赤ちゃんの顔を見て、触れ合いを楽しみながら読む
④ 飽きたらやめる
⑤ 毎日繰り返す

「いないいないばあ」という遊びは、
赤ちゃんとお母さんとの信頼関係を強める大切な遊びです。

あやしてくれる人にはだれでも愛想をふりまいていたのが、
いつも一緒にいるママとほかの人とを区別できるようになり、はじまる人見知り。
正常な心身の発達で、うれしい半面、
トイレにくらいゆっくり行かせて・・・
と思う後追いが始まりますね。

こんな時に、ぜひ「いないいないばあ」でいっぱい遊んであげてください。

ママの顔が見えなくなって不安や緊張を感じた時、
「ばあ」といって、また見える
うれしい、安心感でいっぱいになる、
ママも笑顔でしあわせ・・・

こんな遊びの繰り返しにより、
ママはいなくなっても必ず自分のところに帰ってきてくれる
という基本的な信頼感を育てることができます。

この、人を信じることができるという思いは、
人間としての根底を築くものです。

最初の段階で人を信じることができなくなってしまうと、
誰も愛することもできないからです。

わらべうたは、昔の人の知恵がいっぱいつまっています。
ぜひ、わらべうたで楽しい子育てを・・・

ではまた、お楽しみに



 


 
スポンサーサイト


2013年04月08日 (月) | 編集 |
2013.4.8

山梨県甲州市を中心に子育て支援活動をしているNPO法人すてっぷ・あっぷるのカウンセラーJです。

我が家の発達凸凹の子どもたち・・・

小さいころから、漢方薬のお世話になってきました。
ちょうど近くに、内科・小児科・アレルギー科・漢方外来という個人病院があり、
我が家はホームドクターです。

山梨市のS…クリニックです。

下の子はアレルギーもあったので、
虫刺されのステロイド入りの軟膏から、アレルギー性結膜炎の目薬、
また、漢方の塗り薬で万能薬の
紫雲膏(しうんこう)まで・・・(湿疹からあせも、切り傷・やけどにも効きます)
なんでも間に合って便利

小さい頃は、ストレスや緊張でおなかが痛くなる、
怒られて胃痙攣をおこすなどの症状に、
対処療法として、

六君子湯(りっくんしとう)
小建中湯(しょうけんちゅうとう)
甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)
五苓散(ごれいさん)

などをよく飲んでいました。

ちなみに、風邪のセキがなかなか抜けない時は、

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

が、けっこう効きます。

多動衝動性に穏やかに効いて、ブチ切れたりパニックを起こすことが少なくなったのは、

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
こちらの方が、虚弱なタイプ向けらしいです。

生活リズムを整え、不眠などに効くのは、

酸棗仁湯(さんそうにんとう)

聴覚過敏などの過剰反応や、興奮を鎮めたり、頭痛などに効くのは、

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)
甘草芍薬湯(かんぞうしゃくやくとう)


などがあります。


我が家では、この2年くらい

上の子が、桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

下の子が、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)と
酸棗仁湯(さんそうにんとう)
を毎日飲んでいますが、

特に下の子は、目立ってイライラしたりキレたりすることがほとんどなくなりました。

それに加えて、ここ半年飲み始めたのがサプリメント

多動・イライラ・集中に効果があるのが、
オメガ3(α-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、 ドコサヘキサエン酸(DHA))
Ca・Mg・Zn(カルシウム・マグネシウム・亜鉛)

感覚過敏に効くのが
ビタミンB6
ついでに、
視力が落ちてきたので

ルテインビルベリーを飲ませています。


Caは、ちょうど成長期に良かったようで、
身長が少し伸びてきました。

ルテインは疲れ目にはテキメンに効きます。
自分も、骨強化にCa,コレステロール対策にオメガ3、老眼対策にルテインを飲み始めていますが、
ルテインは、一番効果がハッキリ
老眼、かすみ目が消えました。

それで、おまけのびっくりが、

下の子は花粉症があるのですが、
今年の春は花粉が多い!!と言われて、どうしよう!!と思っていたのに、
出ない・・・

まったく症状が出ませんでした。
なんでだろうね・・・?と言っていたら、

ある人に「なんかのサプリが効いたとか?」と言われて…
調べてみると、なんと花粉症に効くサプリの中に
オメガ3とMg・Znが入っていました。

これこそ一石二鳥?!

でも、サプリメントって高い・・・
いえいえ、最近ちょっと円安ですが、
アメリカから個人輸入すると、日本のドラッグストアの
1/10~1/2くらいの価格で買えちゃったりするんです。

リタリン・コンサータなどを飲むほどでもないけど、ちょっと・・・という方、
ぜひ 漢方薬とサプリという方法もありますよ。

うちの下の子は聴覚過敏が強くて、
先日の、小学校の自分の卒業式でも、マイクの音に耐えられずに途中でバッタリ!!!
気絶して、式の後半は出られませんでした

本当に子育ては、いろいろあります・・・

とりあえず、発達障がいの連載はひとまずこれで・・・

次は、新年度の「すてっぷ・あっぷる」の活動のご紹介

お楽しみに
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。