初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年08月02日 (木) | 編集 |
2012.8.2

夏休みに入って、下の子どもの陸上県大会だの、上の子の県総体だの、
夏期講習だの、プール当番だの、その合間に仕事と
バタバタしているうちに、あっという間にもう8月

山梨は連日猛暑日で、暑い暑い
いろいろやろうと思っても、ちっとも能率が上がりません
その上、子どもがいると、一日中家が片付かない

さて、昨日は甘草屋敷子ども図書館「絵本くらぶ」10周年記念企画
夏休みスペシャル 「キッズおはなし会」でした。

午前中は、いつものように0、1,2才児と保護者を対象とした「ちびっこおはなし会」
暑い中、40人を越える親子連れが集まって、絵本とわらべうたの時間を楽しみました

午後からは、甘草屋敷の主屋をお借りして、
5才児~小学校低学年を対象とした「キッズおはなし会」を開催

甲州市内の3つの学童クラブのお友達を中心として、
100名を越える大勢の皆さんが集まってくれました

手遊びから始まって、甲州弁による昔語り「巨人伝説 ディラボッチ」、
大型絵本の読み聞かせ、仕掛けが楽しい手作りの大型びょうぶ絵本「おおきなかぶ」
わらべうたで遊んで、最後は昔の遊びコーナーで、けんだま、おはじき、びゅんびゅんごま
みんな夢中になって遊びました

けんだまは技が出来たら賞状をもらえるとあって、みんな真剣
びゅんびゅんごまも、はじめはどうやっていいか分からなかったお友達も、
コツをつかんで回せるように…

「絵本くらぶ」の最初の参加者は、今では中学生になりました。
子どもたちの、絵本を見るキラキラしたまなざしに元気とパワーをもらって
これまで活動を続けてくる事ができました

赤ちゃんから、絵本とわらべうたに親しむことにより、
楽しいスキンシップの時をいっぱい過ごし、本が大好きになり、
絵本くらぶの(幾つになっても)「お姉さん」たちと過ごした時間が、
子育てが楽しくなるお手伝いとなり、
ママと子どもたちにとって幸せな一時として、心のどこかに残ってくれたらいいな
そんなふうに思います


スポンサーサイト
テーマ:絵本
ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。