初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年05月22日 (火) | 編集 |
2012.5.22

皆さん、昨日は金環日食をご覧になりましたか?
3年前の皆既日食は見えなくてくやしい思いをしましたが、
今回はちゃんと見えた方も多かったと思います
やっぱり感動ですね

今日は雨予報だったのですが、なんとか午前中降らずにもってくれて
息子の市の陸上記録会が無事に終わりました。

思春期の反抗期に比べれば、イヤイヤの2才児なんて、なつかしくもかわいいもの…
でも、私はこの思春期のグチャグチャした大人と子どもの間を行ったり来たりしている十代の子ども達が大好きです

この最初のイヤイヤ時期に親も成長して、どう対応すればよいのかをしっかり学んでいくと、
思春期も恐れる事なし!!

一方、脅しや力で抑えつけたり、逆にあきらめてお手上げ状態になってしまったり、あるいは物でつって言うことを聞かせようとしたり…すると、あとでいろいろと問題が複雑に出てきます

我が家の反省も含め、アドラー心理学から「子どもの気持ちを理解する」という点について考えていきたいと思います。

子どもの行動の目標の多くは「親(教師)の関心を引くこと」です。
「自分に注目してほしい」「関心を持ってもらいたい」「ありのままの自分を愛してほしい」…
何と、けなげではありませんか?

ところが、良い事で関心を引ければ一番良いのですが、その注目が得られない場合、
子どもはたとえ悪い事でも注意を向けて欲しいと思います。
これを「正の注目」と「負の注目」と言います。
ところが、親というものは欲張りで、
「当たり前の事ができている」「言わなくてもちゃんとやっている」「がんばっている」
そういう事は、「ちゃんとやってるなー」と思っても、口に出さずに伝わるものと思い込み、
出来ていないところ、やっていないところだけを、つい「ダメだし」してしまうんですね。
「これさえ出来ればもっと良いのに…」という親心のつもりで…

でも、実は子どもには、「あとは出来ているんだから…」という部分は伝わっていません。

だから、良いことで注目されないなら、悪い事でも…と、子どもの心は感じてしまいます。
それで、親が叱れば叱るほどかえって問題行動がが続いてしまうという悪循環に陥ります。
言えば言うほど反抗的になる、という訳です。

それで、繰り返される不適切な行動に対しては注目を与えないこと、
当たり前と思える事でも適切な行動に注目し勇気づける事によって
子どもの良い所を伸ばし、不適切な行動を減らしていく事ができます

これは、2才児も12才児も同じ…
命に関わる危険な事、人として絶対にすべきでない事、など
どうしてもダメ!という事は、しぼって…
どちらの時期もついつい親は口うるさく言い過ぎてしまいますが、
あとは、良い部分を伸ばしていくうちに、問題行動が消えていく…
という方法が、長い目で見て子どもの意欲や自主性を育て、よい結果につながるようです。

ただし、「自主性」というのは、子どもの好きなようにやらせる、なんでも選ばせる、という事ではありません。
最近、まだ何も決められないような小さな子どもにも、「自主性を尊重している」という名の下に、
好き勝手にやらせている保護者がみられますが、
それは子どもにとって非常に不安であり、親に守られていると言う安心感を抱けなくなります

いつでも親が見守ってくれて、危険なときには助けてくれて、自分が頑張る時には後押ししてくれて…
その基本的な信頼関係の下に、自分ひとりで頑張ってみよう、新しい事にチャレンジしてみよう、失敗したけどまた頑張ってみよう、と思える子どもに成長していくのだと思います。

ですから、「自主性」を育てるとは、子どもが自分から進んで目的や目標を探してあるいは選択して、意欲的に取り組むのを応援する、見守る、という事だと思います。
それが子どもを「勇気づけ」ることにもつながります。

子どもを勇気づける、具体的な言葉かけについては、
また次回のお楽しみに

スポンサーサイト


2012年05月15日 (火) | 編集 |
2012.5.15

赤ちゃんが生まれて、夜が寝られないとか、母乳が出ないとか、湿疹が出た、オムツかぶれした、離乳食どうしよう、ハイハイしない、などなど…
悩んだりしながらも怒涛のように日にちが過ぎ去り、
気がついてみればヨチヨチ歩き始め、片言をしゃべりはじめ、育児にもちょっと余裕が出来て、
うちの子なんてカワイイ
周りを見ればボチボチ二人目も出来たりする頃…

やってきます
「野菜も食べようね」 「イヤ!」
「靴はくよ」 「自分で!」
「そろそろ帰ろう」 「ヤダ!」
「危ないからやめなさい」 「やるもん」
魔の2歳児、いわゆる第一次反抗期ってやつ?!
天使のようだったかわゆいベビーちゃんが、悪魔のように見えるこの頃…

ついついこちらも「ダメ!!」「やめなさい!!」「いいかげんにしなさ~い!!」
「なにやってるの?!」「ちゃんということ聞いて!」「お片づけしないと捨てちゃうよ!」
「言うこと聞かないと置いていくからね!」「もうママ知らないからね!!!!!」
の、オンパレード

赤ちゃんの抱っこの仕方やあやし方にもちょっとしたコツがあるように、
イヤイヤに対処するのも、実はコツがあったんですね。
親としてスキルアップ!!できるチャンスです

こんな時に役立つのが、アドラー心理学。
詳しく知りたい方は、ぜひリンク先の「勇気づけの子育て」のブログを見てくださいね。

ここでちょっと説明を…

アドラー心理学とは・・・?
アルフレッド・アドラーはオストリアのウィーン出身の医師・心理学者です。
アドラー自分の戦争体験から「平和」を追求し、社会の基本単位である家庭で、問題を力(権力、暴力など)で解消するのではなく、夫婦、親子、きょうだいが対等、平等な関係で対立することなく民主的に解決する方法を見出し定着すれば、世界平和が実現すると考えました。
 我が子の幸せを望まない親はいないと思います。幸せの条件のひとつに「自分が好きであること」があります。これが、満たされていないと、他の条件も満たすことができません。
では、どうすれば「自分のことが好き」と思えるようになるのでしょうか?
世間では、子どもたちの起こす悲しい事件が後を絶ちません。事件を起こした子どもたちは、自分のことを好きだと感じていたのでしょうか?本当に自分を好きだと感じていれば、自分や他人を粗末に扱うようなことはしないのではないでしょうか?
では、自立心・責任感のある子どもを育てるために、親に出来ることはなんでしょうか。
まずは、子どもの行動を理解する事からはじめてみましょう。
人間の行動には「わけ」があります。「わけ」には「原因」と「目的」の二つの側面がありますが、アドラー心理学では親や教師を困らせる行動に対し、過去の「原因」ではなく「目的」は何か?と考えます。
過去は変えられませんが、未来は変えられるからです。
子どもの行動の目標の多くは「親(教師)の関心を引くこと」です。
良い事で関心を引ければ一番良いのですが、その注目が得られない場合、子どもはたとえ悪い事でも注意を向けて欲しいと思います。それで、親が叱れば叱るほど問題が続いてしまうという悪循環に陥ります。
それで、繰り返される不適切な行動に対しては注目を与えないこと、当たり前と思える事でも適切な行動に注目し勇気づける事によって子どもの良い所を伸ばし、不適切な行動を減らしていく事ができます。

これがアドラー心理学で言う「勇気づけの子育て」という考え方です。
(参考資料:スマイルネットやまなし 「アドラー心理学」星一郎・著 その他)

この手法を「イヤイヤ」に対処するため、どのように使う事ができるでしょうか?

続きをお楽しみに







2012年05月11日 (金) | 編集 |
2012.5.11

今週の「子育て支援センターあっぷっぷ」にも、
たくさんの赤ちゃん連れのママが遊びに来てくれました
今週の最年少は、1ヶ月のベビーちゃんでした
ダッコちゃんで、なかなか下に下ろして寝られない、というので、
抱っこの仕方や、寝た時の下ろし方、楽な授乳の体勢などの練習をしました。

首が座らないとまだおんぶは無理だけど、
3ヶ月を過ぎてしっかりしてきたら、やっぱりおんぶは優れものです。
よく、どうやっておんぶしたら分からない、独りじゃ怖い、というので、
「あっぷっぷ」でおんぶの練習をしていくママたちがたくさんいるんですよ

さて、お店やネットで見ると、いろんな種類のおんぶひもがありますね。
うちの子どもが生まれた頃から流行り出したリュック型のおんぶひも…
前向きにも使えるとか、背負いやすいとか、格好もおしゃれとか…
で、私も買ったんですが、元々肩こり腰痛持ちという事もあり、
おんぶは5分で気持ち悪くなってリタイア…
結局使えませんでした

今になって分かった事は、
流行のカチッととめる留具が沢山ついているようなリュック型は、
実はとっても使いにくいし、重たく感じる、という事。

重たい登山用リュックなどを背負う事をイメージしてみると分かりやすいと思いますが、
ひもが長くて荷物が下に下がっていればいるほど、
肩が後ろにひっぱられて重く感じるんですね。
さらに、リュック型は袋にスポッと入るような感じになっていて
赤ちゃんとママの背中があまりくっつかないようになっています。
だから、赤ちゃんがそっくりかえると落っこちる危険も…
それで頭を覆うようなガードがついているものもあるけど、
それでは赤ちゃんは何にも見えませんよね

というわけで、本当にママにとって背負いやすくて、赤ちゃんにも心地よく見晴らしも良いのは、
いわゆる昔からある胸の前でバッテンになるおんぶひも、というわけなんです
それを、なるべく背中の高い位置でしっかり密着させておんぶすると
そんなに重く感じないし、赤ちゃんもママと同じ高さでいろいろ見えてご機嫌だし、
気持ちよく揺られて寝るし、ママは両手が空いて家事もできるし…
ほんとに便利!!
格好が悪い!と思うかもしれないけど、少なくとも家では機能性が一番ですよね

もっとラクチンなのは、妊娠中に巻いた腹帯を使っておんぶする方法もあるんですよ。
うちの母は、父の浴衣の帯を使って、「これが一番軽くて楽よ~
と言ってました。

だっこひもは、手作りで出来るもので、
2本のヒモ状に縫ったものをに組み合わせたような形のものが、
軽くてラクチンだと思います

それでは、次回の話は、「魔の2歳児~イヤイヤにどう対処する?」
お楽しみに





2012年05月08日 (火) | 編集 |
2012.5.8

ことばの発達についての続きです。
先回の最後に、
テレビやビデオ漬けが、ことばの遅れと関係があるという事を書きました。

小児医学会でも「2歳までのテレビ・ビデオはなるべく避けましょう」と言われています。
それはどうしてなのか・・・

生後1年目は「音を聞き分ける準備」の時期。
次の一年は「話す準備」の時期です。
「ことば」は「生活」や「人とのつながり」の中で、はじめて意味を持つものです。

いろんな言葉を話す人たちが周りにいる環境で育った子どもが、
数ヶ国語を話せるようになる、という事があります。
それは、話しかけてくれる人たちがいて、生活の一部だからです。

でも、いくらテレビやCDで一方的に外国語をひたすら聞かせても、
それは赤ちゃんにとっては意味を成しません
(自分の言語をしっかり獲得してから教材で学習するのとは違うのです)

生の声で、触れ合いながら語りかけをしないで、
一方的にテレビから音が流れてくるだけの環境におかれると、
言葉の遅れや視線を合わせない、対人関係を築けない、
二次元画面ばかり見ている影響で、立体認識が育ちにくい、
実体験が乏しい、などの影響が出てきてしまいます

もし、こうなってしまったら、「テレビ断ち」をするしかありません。

テレビの影響があってもなくても、
ことばが遅い場合、意識して以下の事を働きかけてくださいね
もちろん、遅れが無くても大切なことですので、皆さんちょっと意識してみてくださいね。

①言語表出より、まず理解力を身に付けさせる
 物や行動を伴う動作を指示する言葉かけを増やしてみる。「○○を持ってきて」など…
②コミュニケーション意欲を育てる
 「何が欲しいの?お水?牛乳?」など…
③母(周りの人たち)が良く耳を傾ける態度を示す
 顔を見てゆっくり、はっきり、短く話す、絵本の読み聞かせをする、など…
④社会性を育てるため、なるべく多くの人がいるところに出かける
 子育て支援センターなど…

もう少し年齢が上がってから出てくる問題ですが…

・吃音…無理に直したり叱って意識させたりせず、心理的リラックスを図ってゆっくり話を聞いてあげること。
・かんもく…とても不安感が強いタイプの子どもの特性があるので、脅したりもので釣ったりするのではなく、
      スモールステップで安心できる状況を作り出して、達成感を積み上げていく事が大切です。

どちらも、早い時期から専門家のサポートがあった方が、問題が長引かずにすむし、
二次被害(そのことによって、いじめを受ける、自信をなくす、などの新たな問題)
が起きるのを防ぐ事ができます

それでは、次回はまた少し赤ちゃんに戻って、
「おんぶ」の話…
お楽しみに


2012年05月06日 (日) | 編集 |
2012.5.6

ゴールデンウィークも終わり
昨日は、家族で「たけのこ掘り」に行ってきました
今年は当たり年だったようで、山ほど収穫!!
帰ってきて大忙しでしたが、大量にゆでて、
みんなで「たけのこごはん」を楽しみました。
子どもたちが休みだと楽しいけれど忙しいですね。
我が家も、休みが終わって寂しいような嬉しいような…

さて、赤ちゃんが成長してきて1歳~2歳になる頃、
母が気になり出すのが「ことば」のはやい?おそい?ですね。

同じ月齢の子どもがもうしゃべっているのに
うちの子は「なぜ?」と比較して心配になります
検診などで指摘され、一層不安がつのり、ママがパニックになる事もあります

そこで今日は言葉の発達の遅れの原因について・・・
専門用語はなるべく使わないで説明していきますね。

「ことば」を話せない原因は、大きく分けて2つ。
インプットかアウトプットに理由があります。

アウトプット、つまり言われている事の意味は分かっているけどうまく言葉に出来ない場合、
多少の遅れがあっても徐々に追いついて行く事が多いようです。
心配なら保健士さんなどから紹介してもらって
病院の言語訓練や「言葉の教室」などで様子を見ても良いでしょう。
あまり心配しすぎずに、でも放置もせずにゆったり見守りましょう
家庭で出来る対処方法については、後で書きます

インプット、つまり言葉が入っていかない事が原因の場合、
つまり、周りが話しかけても反応しない、こちらの言っていることを理解していないと思われる場合、
まず疑うのは聴覚の異常を調べます。これは専門家の領域となります。
それから、知的障がい、自閉症、発達障がい、などの疑いが出てきます。
それぞれの原因に合わせた早期の対応によって、
その子のペースできちんと成長していきますので、
家族も周りの人達もあせらずあきらめず、あたたかく励ましていきたいですね

他には、吃音(きつおん…どもってしまうこと)や
場面緘目(ばめんかんもく…家では話すのに保育園・学校など他の場所ではしゃべらないこと)
といった問題が出てくることもあります。
これも、親や周りの理解・助けが早い時期からあると、
問題が小さいうちに解決できるので、やはり心配しすぎず、でも放置しないという対応が大切です

また、最近大きな問題だと言われているのが,
テレビやビデオ漬けが原因の「ことばの遅れ」という問題です
何が問題なのか、対応方法などについては、次回に書きます。

というわけで、次回お楽しみに





2012年05月02日 (水) | 編集 |
2012.5.2
ゴールデンウィークの中日。生憎の雨ですね
ブログのテンプレート、代えてみました。
ちょうどうちのネコに良く似た写真でかわいかったのでつい・・・
我が家の子どもたちとネコの話はまたいつか・・・

「まとめteみた」で取り上げて頂いたおかげで、アクセス数が6万件を越えました。
ありがとうございます
これを読んでくださっている皆様、
これからも子育てに役立つ情報を書いていきますので、是非お友達にも紹介してくださいね
また、個人的に相談したい方、すてっぷ・あっぷるにご連絡ください。

さて・・・
子どもの便秘解消の方法をお知らせ!!

めん棒や浣腸の刺激を使って排便する事がくせになってしまうと、
なかなか自力で出来なくなってしまいますので、緊急時の手段にしてくださいね。

① マッサージ
  お腹を「の」の字に、というのはよく言われますが、結構強めにマッサージすると良いです。
  それから、足を1,2と曲げ伸ばししたりして赤ちゃん体操を・・・
  また、おへその両脇ちょっと下を親指でぐーっと指圧するのも効きます。

② 食べ物・飲み物
  ベビー用のプルーンジュースもありますよ。
  かんきつ類も効きます。
  
  便秘にも下痢にも吐き気にもなんでも効くのは、「りんごのくず煮」
  作り方は簡単
  りんごを1/4個すりおろし、耐熱容器に入れて100%りんごジュースを足して、大さじ1のくず粉を混ぜます。
  (片栗粉でも出来ますが、葛は葛根湯と言われるように薬効があるので常備しておくと良いです)
  電子レンジで「あたため」チン! スプーンで混ぜて透明なジャムのようになるまで何回かくりかえします。
  大きい子どもには、薄いいちょう切りにしたりんごをなべに入れて、
  ひたひたにりんごジュースか水とレモン汁を注ぎ、透明になるまで煮て、
  水溶きくず粉を入れてとろみをつける、という作り方でもOK

  さらに、一番の特効薬は「玄米」
  まず、できるだけ無農薬の玄米を、フライパンにカップ2,3杯入れて、
  キツネ色にはぜるまで10分くらい空炒りして「炒り玄米」を作ります。
  このまま、ビンに入れておけば長持ちします。
  
  まずは、玄米クリームの作り方。
  炒り玄米を水からおかゆに炊くと、けっこう早く煮えます。
  離乳食にも、お年寄りにも、病気の時にも、本当に効きます。
  ざるでさっと裏ごして玄米クリームの出来上がり。
  おかゆくらいの固さでも、ポタージュのような状態でもお好みで、
  自然塩をぱらっと混ぜただけで、香ばしくておいしいですよ。
  これを続けると便秘解消にばっちり! 健康にも良いです。
  
  また、玄米入りのポタージュスープもおススメ。
  シチューなべに、玉ねぎ、ニンジン、じゃがいも、かぼちゃなど
  季節の野菜を適当な大きさに切って入れ、水をひたひたに注いで火にかけます。
  炒り玄米を一掴み入れ、そのまま全部が柔らかくなるまで煮込みます。
  ミキサーやフードプロセッサーなどで、ガーっとして、塩で味を調えれば出来上がり。
  おいしい野菜を使えば、だしやコンソメなどなくてもおいしく出来ます。
  これも、病気の時などにも良いですよ。
  
是非、お試しくださいね

次は、はやい?おそい?ことばの発達について・・・
お楽しみに
  



 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。