初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年04月16日 (火) | 編集 |
2013.4.16

山梨県甲州市を中心に、
子育て支援活動をしているNPO法人すてっぷ・あっぷるのカウンセラーJです。


私たちの運営している「地域子育て支援センターあっぷっぷ」で、
昨日から
「わらべうたと絵本の時間★たんぽぽのおうち」
前期講座(4月~8月)がスタートしました。

対象は、1か月から1歳の赤ちゃんと保護者。

開催日は、毎月2回月曜日の10:45~11:15まで。

参加費は無料です。

内容は、絵本の読み聞かせと、わらべうた、子育てナビです。


第1回の昨日は、8組の3か月から1歳までの月齢の親子があつまりました。

読んだ絵本は、松谷みよ子さんの超ロングセラー「いないいないばあ」

いないいないばあ

赤ちゃん絵本の定番です。

赤ちゃんへの読み聞かせのこつは、
① 声を高く、リズムと抑揚をつけて読む
② 言葉の繰り返しを楽しむ
③ 赤ちゃんの顔を見て、触れ合いを楽しみながら読む
④ 飽きたらやめる
⑤ 毎日繰り返す

「いないいないばあ」という遊びは、
赤ちゃんとお母さんとの信頼関係を強める大切な遊びです。

あやしてくれる人にはだれでも愛想をふりまいていたのが、
いつも一緒にいるママとほかの人とを区別できるようになり、はじまる人見知り。
正常な心身の発達で、うれしい半面、
トイレにくらいゆっくり行かせて・・・
と思う後追いが始まりますね。

こんな時に、ぜひ「いないいないばあ」でいっぱい遊んであげてください。

ママの顔が見えなくなって不安や緊張を感じた時、
「ばあ」といって、また見える
うれしい、安心感でいっぱいになる、
ママも笑顔でしあわせ・・・

こんな遊びの繰り返しにより、
ママはいなくなっても必ず自分のところに帰ってきてくれる
という基本的な信頼感を育てることができます。

この、人を信じることができるという思いは、
人間としての根底を築くものです。

最初の段階で人を信じることができなくなってしまうと、
誰も愛することもできないからです。

わらべうたは、昔の人の知恵がいっぱいつまっています。
ぜひ、わらべうたで楽しい子育てを・・・

ではまた、お楽しみに



 


 
スポンサーサイト


2012年09月16日 (日) | 編集 |
2012.9.16

おススメ絵本、男の子スペシャル

流行の本は、書店にたくさん並んでいますので、
あえて紹介しないと見つけられないであろう
それでも読んでほしい
ロングセラーの絵本を紹介します

乗り物といえば、山本忠敬さんです

もう型は古くなってしまったけれど、
山本さんの絵からは、リアルながら乗り物の表情が見えてきます

男の子は、1歳過ぎると好みがはっきりしてきて、
電車党と車党に分かれてきます。
電車も、本物が好きな子とトーマスなどアニメが好きな子がいますし、
車も、トラック、工事車両、スポーツカー、消防車、救急車、宅急便車やゴミ収集車までいろいろ

放っておくと、電車や車の図鑑をくり返し眺めては、
「これは? これは?」と果てしなく聞かれ、
舌をかみそうな車両の名まえを延々と言わされるはめに

いくつになっても男性脳は図鑑が大好き
お話はちょっと苦手さんが多いのです。

この時期から、ちょっと女の子より手をかけて
好きな乗り物のお話からアプローチしてあげましょう。
少しは、本嫌いの男の子を減らせるかも



1,2歳の電車大好きな子にはこれ
「がたーんごとーん」など擬音を入れて、読んでみてね
しゅっぱつしんこう


消防車など車党にはこれ
これも、「うー、カンカン、ピーポーピーポー」など
楽しく遊んじゃいましょう
かじだ しゅつどう


ちょっと長いお話が聞ける3歳前後になったらこれ
じぷたの気持ちになって、迫力満点で
しょうぼうじどうしゃじぷた


工事の車の好きな子にはこれ
ゆっくりゆっくりマイペースで目立たないけれど、
大切な仕事を着実にやっていくローラーくんは、
「その子のペースでいいんだよ」という暖かいメッセージを伝えてくれます
のろまなローラー


超ロングセラーのこれ
蒸気機関車なんて、めったに見られない時代になったけれど、
やっぱり一度ははまってみたい
素敵な絵本だと思います。
きかんしゃやえもん


それでは、絵本のお話は、とりあえずこれで一度終わりにして、
わらべうたのお話を書こうと思っていたのですが、
先日、日本の発達障害の治療の第一人者である 杉山登志郎先生の講演会を聞きに行く事が出来たので、
そちらのお話を先に・・・

発達凸凹と発達障害の違いは・・・?
今の子どもたちの抱えている心の問題に迫ります。

お楽しみに
テーマ:絵本
ジャンル:育児

2012年09月01日 (土) | 編集 |
2012.9.3

おススメ絵本 また

今回は、1歳半から2歳くらいになってきて、
親子で楽しみながら読める絵本を紹介します


最初に紹介するのは「こちょこちょこちょ」
さっちゃんがいろんな動物やものをこちょこちょして楽しむお話ですが、
予想を裏切るリアクションが笑えます
めくるタイミングを工夫して、何度も楽しんでみてください

こちょこちょこちょ

「はらぺこあおむし」でおなじみエリック・カールさんの絵本
がた~ん ごと~ん がた~ん ごと~ん とおひざでゆれて楽しみながら、
どうぶつえんにつくまで、いっしょに動物の数を数えて遊びましょう
ただし、絵本を無理やりしつけや知育などに使おうと思わないで下さいね。
親子のコミュニケーションと愛情シャワーのツールとしてください。
123どうぶつえんへ


それから、五味太郎さんの傑作、探し絵の絵本
これはほんとうに子どもたちがはまりますよ
何十回も読む覚悟でどうぞ
きんぎょがにげた


次に、絵本ではなく児童書の紹介です。
絵本でないと、幼児には向かないと思っていませんか?

実は、まだ字が読めない子どもでも十分楽しめる児童書があるんですよ
まずは、超ロングセラーの松谷みよ子さんの「モモちゃん」シリーズ
ママたちが子どもの頃から、学校の図書室にありませんでしたか?

たしか全7巻ですが、この1冊目の「ちいさいモモちゃん」は
モモちゃんが生まれた時から3歳になるまでのおはなしなんですね。

ですから、2,3歳の子どもたちにはちょうど自分と重ねて理解できるおはなしとなっています。
中は、短いおはなしに分かれているので、1話読むのにそんなに長い時間はかかりません。
ちなみに、うちの子がはまったのは、モモちゃんが生まれた時のお話と、動物園に行くお話でした。
それこそ何百回も読みました。
「モモちゃん」のところを子どもの名前にわざと代えて読むと、
「ちがう~」と大騒ぎして、おもしろかったことを覚えています
ちいさいモモちゃん

男の子がお気に入りなのは、わたなべしげおさんのロングセラー
「もりのへなそうる」
これも、5歳と3歳の兄弟の、ちょっとぼうけんのお話なので、
2,3歳から楽しめます
もりのへなそうる

お話の本が楽しめるようになったら、昔話の世界へ
でもその前に男の子を本好きにするには、ちょっとテクニックがいります
次回、男の子の絵本の紹介
お楽しみに
テーマ:絵本
ジャンル:育児

2012年08月30日 (木) | 編集 |
2012.8.30

今回は、
1歳すぎて、かんたんなおはなしが聞けるようになったらおススメの絵本をご紹介します

まずは、林明子さんのシリーズから

この「おつきさまこんばんは」は、うちの下の子が
1歳ではじめてハマッた絵本
毎日毎日、一日に何回も「これ読んで」と持って来て
何百回となくくり返し読みました
その頃、はじめて「半月」を見た下の子は、
まだ「つき」とうまく言えなくて「ムーン」と言っていたのですが、
「ムーン、もうはんぶん でーでこい
と言いました。メチャかわいい思い出です

おつきさまこんばんは

上の子は、同じシリーズでも次の2冊がお気に入りでした。
「きゅっきゅっきゅっ」は、ごはんのあとに口を拭く時、
「おててがでたよ」は、服を着替える時、
絵本のまねをして声をかけると、「イヤダ」と言われずに楽しくできますよ
きゅっきゅっきゅっ


おててがでたよ

見ていて、親もいやされるのはこの「14ひき」のシリーズ
春夏秋冬いろいろありますが、
これからの季節におススメなのは、次の2冊
あったか~い大家族と、ほんわかすてきな景色をゆっくりながめて
あれこれ発見するのも楽しみですね
14ひきのおつきみ


14ひきのかぼちゃ

まだまだ続くよ   楽しい絵本

お楽しみに
テーマ:絵本
ジャンル:育児

2012年08月22日 (水) | 編集 |
2012・8・22

今日は、赤ちゃんにおススメの絵本の紹介です。

まずは、ファーストブックにおススメの本を何冊かご紹介

ここに紹介する本は、生まれてすぐの赤ちゃんからですよ
できるだけ早いうちから見せると良いです
6ヶ月を過ぎて動き出すと、どうしても絵本をなめたりグシャグシャしたり破いたり
それは、発達段階で当然の動きなので、
できればそうなる前から絵本を見せてあげていると、
「本はめくると楽しいもの」という事を覚えます

次に上げる5冊はどれも2ページ完結型。
好きなところから始めて、飽きたら終わりでOK
その代わり、毎日くり返しくり返し見せてあげましょう。
たくさんの本は必要ないので、同じ本でいいです。
お気に入りの本が出来て来て、毎日何回も読んでもらいたがるようになればいいですね。



てんてんてん 
1ページに1つの絵で、はっきりしたラインは、生まれたばかりの赤ちゃんにもよく見えます。
歌うように読んであげてくださいね

いないいないばあ
赤ちゃんの大好きな「いないいないばあ」
ママたちが赤ちゃんの頃からある、超ロングセラー絵本です。
くりかえしくりかえし絵本で赤ちゃんと遊べます

でてこいでてこい
この本は実は私にとって「目からウロコ」だったんです
上の子が生まれた頃、絵本といってもストーリーのあるものしか知らなかった私
この本を買ったものの、どうやって読んだらよいかわからず
つまらないなあという気持ちが子どもにも伝わっていたのでしょうか
子どもたちは見向きもしませんでした
ところが、読み聞かせボランティアの養成講座で、
講師の藤巻愛子先生がみんなで「でてこい で~てこい!」と楽しく歌うように読むと
ほら不思議
赤ちゃんも振り返り、子どもたちの目がキラキラかがやくんです。
たかが絵本、されど絵本、読み方次第でこんなにも違うものなんだ、という事を教えてくれた絵本、
私が、絵本の魅力に取り付かれた一冊となりました

くだもの
なんといっても、写真のようにおいしそう!!
子どもたちといっしょに、パクパクと食べるまねをして遊んでみてくださいね

どうぶつのおかあさん
動物を描かせたら右に出る人はいない、藪内さんの絵です。
子どもたちは、エプロンやぼうしをかぶったうさぎやねこの絵と、現実の動物の姿は一致しません。
ほんものそっくりの絵を見て、実物を見て、絵本と現実の中で、疑似体験と追体験をくり返し、
いろいろなものを覚えていきます。
写真より、絵の回りが白いので気が散らないのも、赤ちゃんにはわかりやすいです

上の本が1冊続けて聞けるようになったら、ちょっとストーリーが続いているものへとステップアップ。
1歳くらいをめどに、おススメのそんな本は次の本ですよ。

がたんごとんがたんごとん
「がた~んごと~ん」とゆれながら、楽しく読みましょう

1歳台になったらまだまだ続くよ
楽しい絵本の紹介  

テーマ:絵本
ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。