初めての子育ては不安もいっぱい。子育てって楽しい!と皆に思ってほしいから、NPO法人すてっぷ・あっぷるは親育ち・子育てを応援します。いっしょに子育てのコツを考えていきましょう。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年03月14日 (木) | 編集 |
2013.3.14

こんにちは

NPO法人すてっぷ・あっぷるのカウンセラーJです。

去年は、東日本大震災の影響か、出生が少なかったようで、赤ちゃんが少なめでしたが、ここのところ、子育て支援センターあっぷっぷに来るベビーちゃんがまた増え始めました。
うれしいですね。

やはり、一人目で、赤ちゃんが泣きやまない、上手く抱っこできない、布団に寝かせられない、と泣き泣き来るママがたくさんいます。
私も経験ありますが、過ぎてみればなつかしく幸せな思い出でも、その時は本当にノイローゼになりそうで、切ないですよね。

今回は、赤ちゃん人形の写真で、助産師さんから教えて頂いた、寝かせ方のプロ技を公開!!

まずは、おっぱいをあげる、抱っこしてとんとんして寝かせる、などの前に
下の写真のように、バスタオルなどで赤ちゃんをしっかりくるみます。
暑い時期になったら、大判のガーゼが良いでしょう。


赤ちゃん画像

この状態で、寝かしつけます。
抱っこの仕方はまた今度。

次に、下ろし方です。
下の写真のように、バスタオルを棒状に丸めたものをU字型に曲げて置きます。
そこに、くるんだままの赤ちゃんをそっと下ろすのですが、
コツは、赤ちゃんの背中を丸くした状態のままにする、ということ。
頭と足をバスタオルに乗せて少し高くすると良いわけです。

特に、0~3ヶ月くらいまでは、まだお腹の中で丸くなって入っていたわけですから、そちらの方が心地よく安心できるんです。
それを、平に置こうとすると、特に敏感なタイプの子はピクピクッとなって起きてしまうというわけ。


赤ちゃん画像2



赤ちゃんが下ろせなくて、ずっと抱きっぱなしのママ、すぐ起きてしまってなかなか寝られないママ、
是非お試しくださいね。
それでも、お困りの方、すてっぷ・あっぷるの運営している「地域子育て支援センターあっぷっぷ」に遊びに来るか、いつでもご連絡くださいね。

ではまた
スポンサーサイト
テーマ:初めての妊娠・出産・育児
ジャンル:育児

2012年06月25日 (月) | 編集 |
2012.6.25

土曜日に、12月まで甲州市の教育委員長だった宮崎秀子先生がお亡くなりになりました。
勝沼地区を中心に長く、校長先生としても子どもたちのために身を粉にして働いて下さった方でした。
私達のNPO法人にも、本当に多くのご協力・ご支援を頂いた先生でした。
まだまだ、地域の子どもたちのためにお力を貸して頂きたかった、惜しい方を亡くしました。
残念でなりません
地域のためにご尽力頂いた多くの先輩方の遺志を引き継いでいかなければ…と思うこの頃です。


暗い話からスタートで、ごめんなさい

さて、今日は乳幼児の食事と睡眠について…

まず、食事ですが
この頃の食事の好き嫌いは気分しだい
ムラがあったり、遊び食べをしたりはふつうですが、
離乳期から2歳くらいまでの時期に、
できるだけいろいろな食品を食卓に並べて、
味覚の幅を広げておくと
だんだん食べられるようになって、
偏食はかなり防げます。

プランターなどで、野菜を育てて収穫してみたり、
少しずつ、一緒にお料理を手伝いさせるのも楽しいですよ。
うちの子どもたちは、1歳前から粘土感覚でパン生地をこねてました
娘も息子も1歳から子供用の包丁を持たせました。
息子の方が食べる事に関心があったせいか、
4才くらいの頃には、気がつくと勝手に卵を冷蔵庫から出して、
割って混ぜて,フライパンで焼いて
卵焼きを作ってましたね
3年生から「釣り」と「魚をさばくこと」に興味を持ち始め、
おさかなやさんに通いつめて「お友達」になり、
出刃包丁や柳刃包丁コレクションと共に、
今では魚料理と中華料理のレパートリーがかなり増えました
男の子も、やらせておくとなかなか頼りになります


さて、子どもだって食欲のある時と無い時があるもの
遊び食べをする時は、
思い切ってペコペコになるまでお腹をすかせてみるのも方法です

食の細い子は、クッキー一枚、牛乳1杯でもご飯に響いてしまいます。
おやつもご飯のうちと思って、食事を考えてみてください。
また、甘い飲み物は水分補給にはなりません。
カロリーを摂取してしまうので、ご飯が食べられなくなる事もあります。
イオン飲料を飲ませるのは、脱水症状の時と、
高熱などで他のものが取れない時だけでよいと思います。


次に、睡眠について
赤ちゃんのうちは、寝ている時間と起きている時間はバラバラですが、
だんだん昼間起きて、夜眠るようになってきます。
幼児は、11~12時間くらいはぐっすりと寝かせてあげたいものですね

人間の体内時計は約25時間周期と言われています。
毎朝、太陽の光と朝ごはんで時計を1時間リセットしているので、
遅寝遅起き に ずれるのはかんたんだけど、
早寝早起き にする方が大変というわけです

夜中の10時から2時までは、一番成長ホルモンが出る質の高い睡眠が取れる時間帯
この時間に暗いところでぐっすり寝ていると一番ホルモンが出ます。
つい、遅く帰ってきたパパとお風呂に入ったりご飯を食べたり、ひと遊びしたいかもしれませんが、
大人の都合に合わせるのではなく、子どもは子どもの時間で
大人もこの時間に寝ておくと、美容と老化防止に良いそうですよ

夜早く寝かすには

朝早く起きて、たっぷり日光を浴びて朝ごはんを食べる
日中はしっかり体を動かす
寝る3時間前には夕食が終わっていること
熱いお風呂に入ったら2時間くらい時間を置く
夕方お昼寝をしない
コーヒーなどカフェインの入った飲料はさける
テレビ・ゲーム・パソコンなど強い光や刺激のものを寝る時間ぎりぎりまで見せない
電気の光を徐々に落とす
布団に入って絵本を読んだりおはなしを聞かせる

こうした生活リズムをなるべく毎日くずさない事が大切です。
大人の時間と子どもの時間、
はじめは大変と思うかもしれませんが、
習慣がついてしまえば、子どもが寝てしまってから、
大人の時間がゆっくり取れて楽ですよ

次回は、赤ちゃんに絵本を
お楽しみに













2012年06月11日 (月) | 編集 |
2012.6.11

先回、
3,4才児はガンコで融通性がない時期だからこそ、
生活習慣を身に付けさせるのに最良である
という事を書きました。

この点では失敗したなあ…
と反省ばかり
ついつい、子どもとなるべく遊んであげたいと思い(言い訳)、
お片づけを後回しにしたつけが、
今になってやってきている我が家…

出したものを元に戻せない困った子どもたちです

今になって思う事は、
お片づけも、その他の生活習慣も、
楽しい遊びの一環にしてしまえば良かったんです

生活習慣を身に付けさせるためには、
① スモールステップで、
② 自信や達成感を持たせながら、
③ 楽しく一緒に、
④ 毎日同じ手順で、
が、ポイント

たとえば、お片づけは…

夕方忙しい時間帯に重なり、
ついママもイライラして叱ったり、罰したりしがちですが…

家事のやりくりをつけて、夕方、時間の余裕を作り、
ゆったり楽しいムードで、一緒にお片づけをしてみるのはどうでしょう。
そして、「ご苦労様、きれいになったね。さあ、お食事にしましょう。
と喜んでやれば、子どもは片づけを楽しい時間と思うようになります。

「ほら、またちらかした」「一つかたづけてから一つ出しなさい」
「出かけるならきちんとしてからよ」
などど、いちいちうるさいと、結局子どもをかたづけから遠ざけることに…

一日一回、夕食前とか後とか、時間を決めて、
他の時には、うるさく言わないこと
なまけて全然しない時でも、しかるより「昨日はよくできたね」と
意欲を起こさせる方が効果があるかもしれませんよ。

次回は、生活習慣の中で、睡眠・食事について…
お楽しみに



2012年06月07日 (木) | 編集 |
2012.6.7

昨日は、金星が太陽の前を通過する天体ショーの日でしたね
台風も来て無理かなあ・・・と思いつつも、
日食メガネを持ち歩いていた私。
お昼前に一瞬雲が吹き払われて太陽が顔を出し、
見えました!!! 太陽の右側に小さな黒い点・・・
宇宙って、とっても不思議でわくわくしますね

さて、今回のテーマは「ガンコな3,4才児」

うちの子どもたちのことを思い出すと、3,4才の頃は、とてもこだわりの強い時期でした

たとえば、息子は私が「○○に行くよ」と言って車に乗ると、
こちらは頭の中で「あそことあそこに寄りながら、○○に行こう」と思っていたら、
「道が違う!!!」と怒って大騒ぎになる・・・とか。

実は、帰巣本能とでもいうくらい とっても地理に強い子で、
現在は「我が家のカーナビ」と呼ばれてますが・・・
一度通った道は記憶にあるらしく、
自分の思った道でないのが許せなかったんでしょうね

娘は、とにかく「ごめんなさい」が言えず、
たいした事はしていないし、反省している事もわかるのだけれど、
その一言を言わせたくて こちらもむきになって×10倍くらい叱ってしまい
後で自己嫌悪・・・なんてことがよくありました。

大きくなってから、「あの時ママは・・・」とさんざん文句を言われ、
お詫びをして、今は笑い話になっていますが、本当に親の方が反省です。

決まったとおりに物事が進まないと不安になったり、混乱したりするこの時期・・・
逆に言えば、きちんと決まった生活習慣を身に付けさせるには、ベストタイムという訳です

さらに、3,4才児は、身の回りのことが自分で出来るようになる、
いろいろな面でめざましい発達をするので、
生活能力を習得させる絶好の時期

なにしろ、模倣時代といわれるくらい、大人の生活のまねが大好きな時期ですから、
大人が特に教えなくても見よう見まねで覚えるものです。

したがって、大人は日頃良い手本を示してやらなければなりません
実は、これが親の頑張りどころ・・・というわけです。
言うのはかんたん・・・でも、親だって実行するのは大変ってわけ

反抗期と言われるほど、自我が強く、
自分の思い通りにやりたがるこの時期の特徴を生かして、
とにかく自分でやらせてみましょう

失敗を恐れずにやらせることが大事、
完全を期待すると、とかく小言がとびだすもの
しかし、3,4才児に完全を要求する事は無理な話。
あせってしかったりしないようにね

発達には波があり、好調の日と不調、乱調の日が入り混じっているのが普通。
他の子とも、兄弟とも比較しないで

今まで出来なかった事がうまくできたらいっしょに喜び、励ましてあげましょう

では、具体的にどうしたらよいでしょうか。
「はみがき」「お着替え」「おかたづけ」・・・さあどうします?

次回をお楽しみに



2012年06月02日 (土) | 編集 |
2012.6.2

あっという間に6月になってしまいました

更新が遅くなってごめんなさい

NPO法人は5月に前年度の報告をまとめて定期総会を開かなければいけないので、書類作成に追われていました
無事に事務処理が一段落です。我が家の中学生の定期テストも終わってこちらも大騒ぎが一段落

さて、何でもイヤイヤの子どもに、具体的にどんな言葉をかけるか…

今週の子育て支援センターにも、イヤイヤ盛りのそろそろ2才児がたくさんやってきました

赤ちゃんの時には、快・不快だけで判断していたような心が、少しずついろいろな感情へと分化・成長してきた2才児
自分でやってみたい、でも思うようにいかない
なんかいつもと違ってイライラする、でもなんと言葉で表現したら良いかわからない
ママに二人目ができた(下の子が生まれた)、ママを取られるような不安と甘えたい気分がグチャグチャ
お友達とおもちゃの取り合いをした、くやしいけどどうしたらよいかわからない、などなど…

こんな時、親が出来ることは

その1
子どもの気持ちに寄り添う事。
生まれたばかりの赤ちゃんの時、はじめどうして泣いているのかわからず、お腹がすいたのか、オムツがぬれたのか、眠いのか、といろいろ考えて対応しているうちに、だんだん泣き声で要求していることがわかるようになったはずですよね

同じように、2才児もちょっぴり複雑になった自分の気持ちをうまく表現できずにいます
だから、親が代わって子どもの気持ちに寄り添い、言葉にして言い表してあげる事が大切

子どもの気持ちに共感しながらそれを言葉に表現して
「お友達におもちゃをとられてくやしかったんだね」
「うまくくつがはけなくてイライラしているんだね」
「破けちゃって悲しかったね」などなど
ママに自分の気持ちがわかってもらえた、と思うことと、
自分で自分の気持ちがうまく伝えられた、ということで、イライラ・イヤイヤは減ってくるはずです。

その2
問題を解決するために勇気づけてあげる事

「もう一回やってごらん。ママが見ていてあげるよ」
「手伝ってほしかったらいつでも言ってね」
「お友達に『貸して!』と言ってみようか」などなど

その他
いつでも、当たり前の事でも子どもが出来たことをちゃんと気づいて認めてあげること
親が間違った時には、きちんと謝るという手本を示す事
はらはらしても、時間がかかっても、やりたがった時にはできるだけ自分でやってみる体験を重ねさせる事
手出し口出しをなるべくがまんして見守る事

こんな事の積み重ねが、少しずつ子どもの心を成長させていくのだと思います


ところで、2才児から4才児くらいまでの子どもはとてもガンコちゃん

いつもと違った「こと」や「もの」に弱いのですが、
さてどこの時期には、のように対応すると良いでしょうか?

次回をお楽しみに


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。